オンラインゲームを快適に楽しむにはゲームに見合ったスペックのパソコンが必要になります。 良く分からない人は「とりあえず高いパソコンを買えばいいかな?」と考えてしまいがち。 それでスペック面をクリアすることができていれば問題ありませんが、スペックが足りていないと残念な結果になります。 そこで、オンラインゲームを楽しむためのパソコンの重要なパーツについて紹介していきます。

●CPU

CPUとはパソコン全体の計算処理を行うためのパソコンの頭脳にあたるパーツです。 このCPUの性能が高ければ高いほどよりスムーズにオンラインゲームをプレイすることができます。 現状なら2D、3Dのゲーム共にCore i5は欲しいところです。 予算に余裕があるのならCore i7の導入がベター。

●メモリ

メモリとは一度に作業するためのパーツです。 メモリの容量が大きければ大きいほど一度に計算処理を行うことができるのでサクサクと快適に動くようになります。 ほとんどのオンラインゲームでは最低基準で2GB、標準で4GB、推奨は8GBとなっています。 大体4GBのメモリが搭載されていれば十分です。 グラフィックにとても力を入れているオンラインゲームだと8GBのメモリが無いとまともに動作しないことも。

●グラフィックカード(ビデオカード:VGA)

グラフィックカードは画像や映像を処理するためのパーツになります。 特に3Dのオンラインゲームをする場合に重要となってくるため、できるだけ高スペックなものを選ぶことをオススメします。 グラフィックカードは次々に最新のものが登場してくるので、最新の一番高いモデルを購入するよりもワンランク低いものを選んだほうが性能はそこまで変わらないのにリーズナブルに購入できます。

●重要なことは推奨環境をチェックすること!

それぞれのオンラインゲームでは推奨しているパソコンのスペックが公開されています。 このスペックと自分が使っているパソコンのスペック、もしくはこれから購入しようと検討しているパソコンのスペックを比較することが一番大切です。

inserted by FC2 system